自動車(トラック)で資源を輸送する。設定の仕方(Switch版A列車で行こう攻略)

自動車(トラック)で資源を輸送する。設定の仕方

「Switch版A列車で行こう 」今回は自動車(トラック)での貨物輸送の設定方法です。
これもサラッとゲーム中に解説が出てきますが中々わかりづらい・・。ここではシナリオ「夢と希望の街」で設定例を上げます。

資材生産施設の近くに資材置き場を建設

シナリオ「夢と希望の街」では追真村に水産物を生産する生簀があるのでこの資源を輸送します。

貯蔵場を建設

生簀から輸送できる範囲に「資源」メニュー→水産倉庫を建設。これで水産物を貯蔵できます。

トラックを購入

「自動車」メニューからトラックを購入。夢と希望の街の初期で買えるトラックは貨物1つしか運べません。。

トラック停留所を建設

「停留場メニュー」→トラック停留所を水産倉庫から貨物を輸送できる範囲に建設。

道路を延長して建設しています。

トラックを配置、輸送開始

トラックを配置し運行計画を設定、輸送開始。これは列車と同じです。

売買案件を活用する

夢と希望の街からは売買案件で資源を取引する方法もあります。
「資源」メニュー→売買案件

瀬間(北)との水産物売却の売買契約を結んでみます。

契約後は追間のトラック停留所で水産物を積み瀬間(北)で降ろすよう運行計画を設定。300個くらいならトラック3台で運んで1ヶ月くらい。

これで終了。トラックは正面衝突が無いのでよほど混み合ってない限りは発車時間の設定はいらないかもしれません。

水産物・農産物を都市内で売買する方法

水産倉庫または農産物倉庫を建設。

倉庫の近くに「子会社」メニューその他→物流センターを建設。


倉庫にトラックで資源を輸送して貯蔵。そうすると自動で物流センターに移動され出荷されます。ここまで説明しましたが資源売買は都市間、都市内どちらも利益が出づらいので工夫が必要です。

車両の保有数を増やす

「プラン」メニュー→車両保管庫拡張で増やせます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました