ニトロって大事と思ったカーンダッカーの配合検証。エフフォーリアの再現も可能です【ダービースタリオン/Switch】

カーンダッカ―の配合を考える

今回はカーンダッカ―のおすすめ配合を考えます。
モデル牝馬はケイティーズハート。2021年に皐月賞、天皇賞(秋)、有馬記念を勝ったエフフォーリア(父エピファネアイア)のお母さんですね。自分も有馬記念で単勝を買っていたので思い入れのある馬。ゲーム中でもエピファネアイアとの配合でエフフォーリアを再現できます。

カーンダッカ―の配合6例

カーンダッカー血統
かなりの良血。スピードタイプ。
アップデートで追加された繁殖牝馬なので攻略本に掲載されているスピード、スタミナなどのパラメータは公表されていません。
基本価格26000万円。価格帯からパラメータはスピード65~75、スタミナ50~60、パワー55~65くらい。価格から中堅ランクの繁殖牝馬。
父親がハーツクライ。母似で気性良化が期待できます。面白配合の対象となる4系統はロイヤルチャージャー、ナスルーラ、ネイティヴダンサー、ニアークティックと主流血統で占められています。見事な配合になる種牡馬は無し。インブリード中心の配合になります。

[Amazon]
今日から始めるNintendo Switch『ダービースタリオン』 (カドカワエンタメムック)

種牡馬データ・繁殖牝馬の隠しパラメータが掲載されている攻略本。馬データは公式全書よりこちらの方が見やすく、インブリード別にその血を持っている馬が一覧で掲載されているのが便利です。※アップデートで追加された種牡馬・繁殖牝馬のデータは未収録。

配合毎に5頭生産しコメントを確認、クラブに預け成績を集計しました。
※クラブに預けた場合、馬の特性(ダート適正、ズブい、臆病、集中力無し等と施設で矯正できるもの(コーナー適正等))は無効になり単純な能力値だけでのレース出走になるようです。なので配合による能力上限の参考としてもらえればと思います。

エピファネイア×カーンダッカー

エピファネイア×カーンダッカー
速力UP 底力UPx2
スピード因子8/スタミナ因子7/パワー因子3

【コメント】
スピード:1
スタミナ:2
根性:1
ダッシュ:1

【成績】
1頭目:1億0585万 41戦4勝(OP)
2頭目:3億3700万 29戦9勝(OP)※重賞1勝
3頭目:1億7724万 55戦6勝(OP)※重賞1勝
4頭目:4億6410万 34戦10勝(OP)※重賞7勝
5頭目:4億2920万 43戦18勝(OP)※重賞3勝

(獲得賞金平均3億0267万円)

まずはエフフォーリアの再現配合。GⅠ勝ちは出なかったものの重賞勝ちは4頭とまずまず。コメントの付きは良い方だと思います。

ホワイトマズル×カーンダッカー

ホワイトマズル×カーンダッカー
速力UPx2 パワーUPx1
スピード因子10/スタミナ因子4/パワー因子4

【コメント】
スピード:1
スタミナ:0
根性:0
ダッシュ:0

【成績】
1頭目:10億7220万 89戦21勝(OP)※GⅠ1勝 重賞5勝
2頭目:1億0303万 67戦4勝(OP)
3頭目:7200万 42戦4勝(OP)
4頭目:2億7070万 73戦10勝(OP)
5頭目:1億2721万 40戦4勝(OP)
(獲得賞金平均3億2903万円)

カーンダッカーの血統で注目したのがLyphard(速力UP・パワーUP)。パワーをつける配合はどうかなと。この配合で牝馬だったら次の代でAlzaoを持つディープインパクト等と凝った配合+サンデーサイレンスのインブリードにもなります。
ホワイトマズル×カーンダッカー 産駒
いきなり1頭目で獲得賞金10億円のGⅠ馬が出ましたが、成績は平凡でこれは相手が弱かったのかも。ホワイトマズルは成長型が晩成だけに長く走ってくれる産駒が多いです。

キングヘイロー×カーンダッカー

キングヘイロー×カーンダッカー 血統
短距離UP 速力UPx2 パワーUP 底力UP
スピード因子11/スタミナ因子3/パワー因子5

【コメント】
スピード:1
スタミナ:1
根性:1
ダッシュ:1

【成績】
1頭目:1億9250万 54戦5勝(OP)
2頭目:6090万 22戦4勝(OP)
3頭目:8725万 68戦4勝(OP)
4頭目:3億4650万 63戦10勝(OP)※重賞3勝
5頭目:15億4670万 64戦25勝(OP)※GⅠ2勝 重賞11勝
(獲得賞金平均4億4677万円)

同じくLyphardのインブリードを織り交ぜつつ短距離、底力のインブリードも。コメントは低額種牡馬にしては出た方です。
キングヘイロー×カーンダッカー 産駒
5頭目に高松宮記念・安田記念勝ち&G12着4回で賞金15億円獲得した産駒が出ました!10月入厩の晩成馬でした。

キタサンブラック×(キングヘイロー×カーンダッカー)

キタサンブラック×カーンダッカー
凝った配合
短距離UP 速力UPx3 パワーUPx2 底力UPx2
スピード8/スタミナ4/パワー4

【コメント】
スピード:1
スタミナ:0
根性:0
ダッシュ:0

【成績】
1頭目:7345万 54戦3勝(3勝)
2頭目:1億0254万 58戦3勝(3勝)
3頭目:1億7330万 49戦5勝(OP)※重賞1勝
4頭目:8630万 60戦4勝(OP)
5頭目:6940万 47戦3勝(3勝)
(獲得賞金平均1億0099万円)

Lyphardを使った代重ねも今回検証。安定Cと多重インブリードで期待したキタサンブラックとの配合。繁殖牝馬はもう5頭生産して成績の良かった(52戦9勝(重勝1賞))キングヘイロー×カーンダッカーの牝馬で検証です。
が、しかし、3勝クラス止まりが3頭に重賞勝ちが1頭と散々な結果。安定Cの負の面が出てしまったのか・・。

トーセンホマレボシ×(キングヘイロー×カーンダッカー)

トーセンホマレボシ×カーンダッカー 産駒
凝った配合
短距離UP 速力UPx2 パワーUP 底力UPx3
スピード因子9/スタミナ因子5/パワー因子4

【コメント】
スピード:1
スタミナ:2
根性:2
ダッシュ:1

【成績】
1頭目:1億1951万 42戦5勝(OP)
2頭目:8202万 30戦2勝(2勝)
3頭目:5億2990万 36戦14勝(OP)※重賞5勝
4頭目:8325万 51戦2勝(2勝)
5頭目:10億9530万 57戦21勝(OP)※重賞12勝
(獲得賞金平均3億3819万円)

もう一回代重ねを検証。今度はトーセンホマレボシ。こちらも安定Cでキタサンブラックと同じような配合。
トーセンホマレボシ×カーンダッカー 産駒
GⅠは勝てなかったものの重賞勝ち馬が2頭、重賞12勝で10億円獲得した馬が出てまあまあの結果。コメントもまあまあ出てますね。違いはなんだ・・。

フサイチセブン×カーンダ ッカー

フサイチセブン×カーンダッカー
短距離UPx2 速力UP 底力UPx2
スピード因子12/スタミナ因子5/パワー因子3

【コメント】
スピード:2
スタミナ:0
根性:1
ダッシュ:0

【成績】
1頭目:7834万 33戦3勝(3勝)
2頭目:8040万 39戦4勝(OP)
3頭目:6億0320万 45戦12勝(OP)※重賞8勝
4頭目:1億5387万 42戦5勝(OP)
5頭目:5億3250万 32戦15勝(OP)※重賞6勝
(獲得賞金平均2億9062万円)

最後に過去の検証で結果が出ている多重速力アップインブリード+安定Cの配合を検証。今回もフサイチセブンとの配合です。
クシスタのおすすめ配合。クロノジェネシスはダビスタ的にも良い配合だった?
デアリングタクトの再現なるか?オートミクシスのおすすめ配合を考える
見事、面白、凝った、、可能性を秘めたカワ―イナヤの配合検証

10勝以上の重賞勝ち馬が2頭出ました。
フサイチセブン×カーンダッカー 産駒
特に5頭目の馬は3歳末まで15戦12勝という凄い馬。早熟かつ気性難コメントだったのでGⅠではイレこんで未勝利。気性が普通だったらGⅠ勝ててたはず。
フサイチセブン×カーンダッカー 印
ストレイトガール、ダノンスマッシュ、ミッキーアイルから印を取ってました。

他、カーンダッカーのおすすめ配合

バゴ×カーンダッカー
短距離UP 速力UP 底力UP
スピード因子13/スタミナ因子6/パワー因子3

ハードスパン×カーンダッカー
速力UP 底力UP
スピード因子13/スタミナ因子7/パワー因子4

パイロ×カーンダッカー
速力
スピード因子11/スタミナ因子3/パワー因子3

グランプリボス×カーンダッカー
速力UP 底力UP
スピード因子13/スタミナ因子3/パワー因子3

ワイルドラッシュ×カーンダッカー
速力UP
スピード因子14/スタミナ因子7/パワー因子4

結論

キタサンブラックとの結果にちょっとびっくり。同じ安定Cだけどスピードニトロがより多いフサイチセブンで強い産駒が出たので、今回のダビスタではスピードニトロを詰め込むことが配合の基本なのかもしれません。なのでおすすめは合計スピード因子数が10未満の高額種牡馬より値段関係なく10以上の種牡馬との配合の方が良さそうです。
またカーンダッカーの系統の産駒は胸前が発達した産駒が多く、パワーの数値が高めかもしれません。
(馬体診断法はこちらで解説しております)

Switch版ダビスタの配合ツール
見事な配合やニトロの確認は↑のサイト様のツールを使用させてもらっています。とても便利です。

サラブレの以下の号にダビスタ開発陣の産駒のコメント、スピード能力とスタミナ能力の相関関係、ゲームの内部処理などに関するインタビューが掲載されているそうです。

[Amazon]
サラブレ 2021年1月号 [雑誌](Kindle版)

[Amazon]
サラブレ 2021年2月号

[Amazon]
今日から始めるNintendo Switch『ダービースタリオン』 (カドカワエンタメムック)

[Amazon]
ダービースタリオン 公式全書

コメント

タイトルとURLをコピーしました